ギター関連

ドレメルが一台で何役もこなしてくれて便利すぎて鼻血出る。I Love Dremel!

今回わたくし興奮しています!完全にI ♡ Dremel!です。
もう、すっかり信者です。

ん〜なんだろ…とにかくイイ(・∀・)!

ドレメルルーターの良いところ

ドレメル ハイスピードロータリーツール 4000の良いところは、

一台で何役もこなしてくれるところです。

国内外問わず Guitar作成している方々のサイトを見たり、
情報収集してたら 皆さん使われていて気になって私も使ってみました。

ドレメルはアクセサリーが充実!

いろんなアクセサリーが充実しているのがいいですね。
研磨機になってみたり
ルーターになってみたり
ドリルになったり
カッターになったりと…
一台で何役もこなしてくれます。

さすがに大きな材料を切ったり削ったりするのには
別の大型の専用の機器が良いと思いますが、

ドレメルの高速回転MAXは怖い!

Guitarなどの小型な材料であればこれで充分だと思います。

高速回転が怖すぎる!

回転数を選べるのもいいです。
怖くてやったことないですが、
最大32,000/分回転するそうです。

((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

私はルーターで木を削る時の
15,000/分回転が自己最大記録です。

先日9Vのバッテリーボックスのザグリをしたときにも大活躍でした。

ちなみにルーターアタッチメントはこれを使いました。

ただ、長いルータービットをみつけられず、
Dremel正規のものしか持っていなかったので、
深さ約2.5cmしか掘れず、
ザグリ目標の3.4cmまでは、
カッティングビットで深さ3.4cmで蜂の巣にし、
仕上げは手彫りしました。

まとめ:人類の発展は回転力の利用

最後に

わたくし思うわけですよ、

車なり飛行機なり、人類は回転力をうまく利用し
自然界に果敢に挑戦し発展してきたのだなと…

そんなことを、
Dremelを使って考えました。

ものづくり最高!

こちらもCHECK

7弦エレキギター自作 ネック削りで使用した鉋の種類
7弦エレキギター自作 ネック削りで使用した鉋の種類紹介

自作7弦ギターの微調整をしました。 写真の通りだいぶ削りました。 自分の好みなのですが、握った感じが”気持ち太め”がお気に入りです。 ですのでそのようにネックを仕上げたつもりでしたが、他の人に「弾いて ...

続きを見る

-ギター関連
-